2010年03月08日

餓死の5歳児、1日1食のみ 体重6キロで健診も受けず(産経新聞)

 奈良県桜井市の男児餓死事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された桜井市粟殿の会社員、吉田博(35)と妻のパート従業員、眞朱(まみ)(26)の両容疑者が、市からの再三の催促を拒否して、死亡した長男の智樹ちゃん(5)の1歳半以降の乳幼児健診を受けさせていなかったことが4日、関係者への取材で分かった。

 県警の調べでは、両容疑者は今年初めから、智樹ちゃんに1日1度の食事しか与えず衰弱させた疑いがもたれている。死亡した智樹ちゃんの身長は約85センチで標準より約25センチ低く、体重は標準の半分以下の約6キロだった。県警は、育児放棄が長期間にわたっていた可能性もあるとみて調べる。

 桜井市は無料の乳幼児健診を生後4、10カ月と1歳半、2歳半、3歳半の計5回実施。関係者によると、智樹ちゃんは4、10カ月健診は受診したが、平成18年2月の1歳6カ月健診は受けなかった。

 このため市は、18年2〜5月に郵送と電話で計5回、受診を催促。眞朱容疑者からは「(長女の)出産のため受診できない」との電話連絡があった。

 3歳6カ月の健診時にも電話で受診を呼びかけたが、眞朱容疑者が「介護のため」と断ったという。

【関連記事】
5歳長男が餓死 虐待死で両親逮捕 奈良県桜井市 
母親パチンコで車に置き去り、熱中症?11カ月男児が死亡
【衝撃事件の核心】妻の遺体と1カ月半 アラフォー家庭内別居の果て
殺人容疑での再逮捕は見送りに 西淀川女児遺棄 祖母は悔し涙
母親と内縁の夫を保護責任者遺棄致死で逮捕 西淀川女児遺棄
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

赤坂被告「強くなりたい」 初公判に高い関心、傍聴希望140人超す(産経新聞)
自民が「徴兵制」検討? =幹事長、即座に否定談話(時事通信)
<チリ大地震>日本の医療チーム 派遣見合わせ要請(毎日新聞)
沖縄で震度5弱の地震 一時津波警報も(産経新聞)
カラフル野菜でヒット狙う 「新しい彩りで食卓をより楽しく」(産経新聞)
posted by タカベ サダオ at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。