2010年04月02日

<国交省>男性職員を懲戒免職 共済組合の金を生活費に流用(毎日新聞)

 国土交通省は26日、福利厚生課の男性職員(31)が共済組合の50万円を飲食など生活費に使ったとして、懲戒免職にしたと発表した。

 国交省によると、職員は共済組合本省支部の貸し付け事務を担当していた05年1月、書類を偽造し、自分名義の口座に50万円を振り込んでいた。今年8月に新システムに移行するためチェックした際に発覚した。利息を含め全額返還済みという。【平井桂月】

【関連ニュース】
国交省:ブレーキ優先、義務化を検討
スカイマーク:国交省、特別安全監査始める
スカイマーク:機長交代不適切 国交省が会長らに厳重注意
八ッ場ダム:上流の堆積物に高濃度ヒ素 国交省、公表せず
国交省:リフォームに瑕疵保険新設へ 悪質な被害防止

「偽装献金」参院選見据え結審へ 急ぐ民主 火種消せず(産経新聞)
横浜・磯子のマンションで火災、けが人なし(読売新聞)
主力工場の業務停止処分でお詫びのコメント、再発防止策を徹底―大洋薬品(医療介護CBニュース)
改正関税法が成立(時事通信)
政府案、月内策定を約束=普天間移設問題−鳩山首相(時事通信)
posted by タカベ サダオ at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。