2010年01月23日

踏切で1人倒れ、助けようと…高齢夫婦死亡(読売新聞)

 名古屋市南区の名鉄線踏切で21日午前、電車にはねられた高齢の男女は、その後の南署の調べで、同市南区呼続元町、無職森田秀雄さん(91)と妻の喜三子さん(84)と確認された。

 喜三子さんに続き、秀雄さんも収容先の病院で外傷性ショックなどで死亡した。

 発表によると、2人は、近くの医院で診察を受けて帰宅する途中だったとみられる。電車の運転士によると、どちらかが踏切内で倒れ、もう1人が助けようとしていたらしい。

 近所の住民らによると、秀雄さんは目が不自由で、喜三子さんとともに週に1、2回、自宅から約200メートル離れた医院で診察を受けており、この日も2人そろって医院の方へ歩いて行ったという。

 現場には、2人の靴や喜三子さんの手押し車が残っていた。近所の女性(73)は「喜三子さんは足腰が弱く、いつも手押し車で歩いていた。『今度、孫娘が結婚する』と言って、楽しみにしていたのに」と涙ぐんだ。

 踏切は長さ9・5メートル、幅1・8メートル。名鉄によると、警報機と遮断機は正常に作動していたという。

楓ちゃんの鎮魂曲が完成=女児誘拐殺害で地元住民−奈良(時事通信)
無資格の男が施術=はり治療後に女性死亡−大阪府警(時事通信)
「政治とカネ」野党が徹底追及へ…通常国会召集(読売新聞)
消費押し上げ効果6300億円=65%が支出に回る−定額給付金(時事通信)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
posted by タカベ サダオ at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。