2010年01月29日

「負けに不思議の負けなし」=ノムさん、自民党大会で辛口分析(時事通信)

 「『負けに不思議の負けなし』だ。勝って反省しないところに、皆さんの落とし穴があった」。プロ野球楽天前監督の野村克也氏が24日の自民党大会でゲストとしてスピーチし、同党が昨年の衆院選で大敗し政権を失った要因を辛口に分析した。
 野村氏は、自民党に対し、政権与党時代に自省の姿勢が不足していたと指摘しつつ、「気を引き締めて捲土(けんど)重来、頑張ってほしい」と政権奪還に向けて奮起を促した。
 弱小チームの再生手腕で知られる野村氏はこの後、記者団に対し、持論の「弱者の兵法」を念頭に同党再生の秘策を披歴。「強いチームにまともにいったら勝てない。弱点を徹底的に攻めるのが弱者の戦術の基本だ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】昭和 野球のアルバム〜V9と、その時代〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
【特集】波乱万丈 野村克也
【特集】プロ野球 笑える?事件簿
【特集】高校野球 戦国MAP

民家に押し入り腕時計奪い逃走 大田区で強盗 (産経新聞)
捜査情報の漏えい否定=政府答弁書(時事通信)
新型インフルで血液製剤回収、昨年64件(医療介護CBニュース)
ウィルコム、更生法活用を検討=「事前調整型」で再建(時事通信)
再度「自白」のテープ再生=取り調べた元検事出廷へ−足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
posted by タカベ サダオ at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。